るばめばる

ハダムシの淡水浴は半日がかり

8月3日(土)台風接近中らしいけど☀

午前はセンターに昨日セッティングしておいたヒラマサに餌を与えた。洗濯機の排水ホースでサイホンの原理で水を変えていくんだけど、排出した水が直接排水溝にいかないといけない方針らしく、塩ビパイプで延長させられた。糞が思ったよりあった。帰ってからは、ストック生簀のカンパチ稚魚の淡水浴とストック水槽のカンパチ稚魚も淡水浴をした。水槽の汚れは高圧洗浄機で洗う。音が結構反響してうるさい感じ。

それが終わると、11時くらいになったので、買い物に行った。洗濯機ホースの2mを買ったり、テープやサランラップを買ったり。

***

昼からは、昨日の続きをした。プラジクアンテルが0.2ppm(=0.2μℊ/ml)だと3/4中ダメージだったりという論文(成虫の場合)から幼虫で試す予定。

その時にインキュベートする時間が今1時間なので(長いので)10分毎に撮影していき、染色にどう影響するのか予備試験的なことをしたけど、結局あまり変化ないみたい。なので、インキュベートする時間は10分になる予定。

このようにスポロシストの中にいるセルカリアがカバーガラスを敷くときにすぐにつぶれてしまう。指でするより、ピンセットを使う方が成功しやすそうだなぁと思い途中から試してみるもののやはりうまくいかない。う~ん、何かいい方法はないものかなぁ…

(c)rubameabru